社労士(社会保険労務士)とは

社労士(社会保険労務士)とは

企業発展の鍵を握る人材活用のスペシャリスト

企業の健全な発展には、より良い人材の確保が不可欠であり、多くの企業では人事計画・賃金体系の見直し、教育カリキュラムの作成など、労働環境の整備に真剣に取り組んでいます。


こうした時代の中で今後ますます活躍が期待されているのが、社会保険労務士です。労働・社会保険などの書類作成業務から、さまざまな相談に応じる労務コンサルティング業務まで、その仕事内容はますます多岐にわたっています。

社労士の業務

書類作成から労務コンサルタントへ広がる活躍のフィールド

社会保険労務士の主な仕事

申請書の作成・提出手続き代行
労働社会保険諸法令に基づき、行政機関に提出するさまざまな申請書や届出書などの
書類作成や提出の代行を行います。
事業所に備えつける帳簿書類の作成
法令によって事業所内に備えつけることが義務づけられている帳簿書類(賃金台帳や労働者名簿など)の
作成を行います。
労働管理全般のコンサルティング業務
賃金管理や人事考課、労働時間、職場の安全・衛生管理などの労務管理全般について、
適切な指導やアドバイスを行います。社会保険労務士の活躍がもっとも期待される分野です。

社労士の魅力

「社会保険労務士」は、「社会保険」+「労務士」。実は「厚生省」と「労働省」が合体するおよそ30年前に、当時の厚生省管轄の資格と労働省管轄の資格が合体した、とても進歩的な資格なのです。

「社労士」になるには、開業社労士と勤務社労士という2つ方法があります。この点が幅広く人気がある理由のひとつです。

また、このような方々に適した資格です。


社会保険労務士として
"独立"をお考えの方
社会保険や労働保険の事務手続だけではなく、最近は人材活用に関するコンサルタントとしての役割が大きくなっています。社会的ニーズに対して絶対数が不足しているいまこそ独立開業のチャンスと言えるでしょう。
労務や人事の仕事に携わっている方 時代の変化に応じた人事制度、就業規則や賃金規定の見直し、福利厚生の充実など、企業内で労務や人事の仕事に携わっている方にはとても役立つ資格です。
定年後の豊かな生活設計をお考えの方 社会保険労務士の資格は一生ものです。一度取得しておけば、定期的に更新などする必要はありません。定年後に再就職することも、登録して開業することも思いのまま。資格は定年後の人生を豊かにします。
有利な"就職・転職"を
目指す方
社会保険や労務管理の仕事は、ますます複雑化・専門化しており、資格取得者はそれらの仕事のスペシャリストとして高く評価されています。就職・転職が有利になることは間違いありません。
金融関係にお勤めの方 高齢化社会を迎えて年金制度はますます複雑になっています。金融機関では、年金運用のアドバイスができれば新規顧客獲得のチャンス。資格所得者は貴重な存在となっています。

資格をとるなら 資格スクール 大栄

お電話でのお問い合わせは各教室までお気軽に
北信越 北海道 東北 九州沖縄 関東 東海 関西 中国・四国

CMギャラリー

キャンペーン情報

全額OFF

公務員講座

日商簿記3講座

医療事務合格パック

医療事務合格パック

社労士合格パック

宅建合格パック

司法書士講座

通信講座 受講生の方

受講ログイン