社労士(社会保険労務士)とは

社労士の仕事って?

企業発展の鍵を握る人材活用のスペシャリスト

企業の健全な発展には、より良い人材の確保が不可欠であり、多くの企業では人事計画・賃金体系の見直し、教育カリキュラムの作成など、労働環境の整備に真剣に取り組んでいます。

こうした時代の中で今後ますます活躍が期待されているのが、社会保険労務士です。労働・社会保険などの書類作成業務から、さまざまな相談に応じる労務コンサルティング業務まで、その仕事内容はますます多岐にわたっています。

社会保険労務士の主な仕事

  • ◎申請書の作成・提出手続き代行

    ……労働社会保険諸法令に基づき、行政機関に提出するさまざまな申請書や届出書などの書類作成や提出の代行を行います。
    具体例
    会社が従業員を雇入れしたとき、ハローワークに雇用保険加入手続きを事業主に代わって行います。
  • ◎事業所に備えつける帳簿書類の作成

    ……法令によって事業所内に備えつけることが義務づけられている帳簿書類(賃金台帳や労働者名簿など)の作成を行います。
    具体例
    賃金台帳、労働者名簿等の作成、又就業規則の作成を事業主に代わって行い、役所に提出(10人以上の労働者を使用する事業主の場合)。
  • ◎労働管理全般のコンサルティング業務

    ……賃金管理や人事考課、労働時間、職場の安全・衛生管理などの労務管理全般について、適切な指導やアドバイスを行います。社会保険労務士の活躍がもっとも期待される分野です。
    具体例
    銀行等で開かれる、年金相談会で年金に関する問題について相談にのり、指導する。

「申請書の作成・提出手続き代行」や「事業所に備えつける帳簿書類の作成」業務は、独占業務です。社労士の資格が無いものが、他人の求めに応じ、報酬を得てこれらの業務を行うことは法律で禁止されています。

社会保険労務士の魅力

「社会保険労務士」は、「社会保険」+「労務士」。実は「厚生省」と「労働省」が合体するおよそ30年前に、当時の厚生省管轄の資格と労働省管轄の資格が合体した、とても進歩的な資格なのです。

「社労士」になるには、開業社労士と勤務社労士という2つ方法があります。この点が幅広く人気がある理由のひとつです。
また、このような方々に適した資格です。

社会保険労務士として"独立"をお考えの方
社会保険や労働保険の事務手続だけではなく、最近は人材活用に関するコンサルタントとしての役割が大きくなっています。社会的ニーズに対して絶対数が不足しているいまこそ独立開業のチャンスと言えるでしょう。
労務や人事の仕事に携わっている方
時代の変化に応じた人事制度、就業規則や賃金規定の見直し、福利厚生の充実など、企業内で労務や人事の仕事に携わっている方にはとても役立つ資格です。
定年後の豊かな生活設計をお考えの方
社会保険労務士の資格は一生ものです。一度取得しておけば、定期的に更新などする必要はありません。定年後に再就職することも、登録して開業することも思いのまま。資格は定年後の人生を豊かにします。
有利な"就職・転職"を目指す方
社会保険や労務管理の仕事は、ますます複雑化・専門化しており、資格取得者はそれらの仕事のスペシャリストとして高く評価されています。就職・転職が有利になることは間違いありません。
金融関係にお勤めの方
高齢化社会を迎えて年金制度はますます複雑になっています。金融機関では、年金運用のアドバイスができれば新規顧客獲得のチャンス。資格所得者は貴重な存在となっています。

合理的なカリキュラムが短期合格を可能に!大栄 社労士講座4つのポイント

  • For You 答練

    オーダーメイドされた答案練習

    あなたが苦手な部分をデジタル管理する仕組みを開発!学習中のチェックテストでわかった苦手ポイントは、教室での答練講座で克服。

    全科目に同じ労力を費やすのではなく、あなただけのオーダーメイドされた答案練習だから、取り組むたびに合格へ一歩ずつ近づきます。

  • 合格のノウハウを凝縮したオリジナル教材を開発

    合格のノウハウを凝縮したオリジナル教材を開発

    大栄では、担当講師の手により、重要ポイントを絞り込んだオリジナルテキストと最新の試験傾向に即した問題集を科目ごとに作成しました。初めて法律を学ぶ方にもわかりやすい内容で、無理なくマスターできると好評です。

    ※大栄のオリジナルテキストは、条文に沿った表記をしつつも、条文通りでは理解できないものは、平易な文章に書き換えて理解が進むように工夫をしています。合格するために最も効率的な知識が得られるように編集しています。

  • 最強の講師陣による完全バックアップ

    最強の講師陣

    講師には、最短一発合格者を多数輩出する、信頼と実績ある最強講師陣が集結。

    毎年の試験傾向を徹底分析し、学ぶべきポイントを厳選した指導内容で、インプット・アウトプットの両面から強力サポートします。

  • 「続けられる」が合格に近づく

    モチベーションタイプ診断 カウンセリング

    長期間の勉強においては講座内容だけでなく「勉強を続けられる」ことが1番大事だと資格スクール大栄は、考えています。

    そこで、大栄では独自のモチベーションタイプ診断に基いて、あなたがどんな時にやる気が高まるのか明確にし、カウンセリングの際には、あなたに合わせたスケジューリングをご提案。

    移り変わる日々の中で「続けて勉強する」ことが大変な事と知っているからこそ、大栄はあなたの目標に寄り添い続けます。

最後に!!

2017年に民法の一部を改正する法律が成立しました。民法の中でも債権法を中心に大改正が行われ、社労士の実務においても影響が少なからず出ると予想されています。

2017年の民法改正は社労士試験に直接影響を及ぼしませんが、他の法改正についてはしっかりとした試験対策が必要です。

スケジュール

カリキュラム

  • ▪労働基準法
  • ▪労働安全衛生法
  • ▪労働者災害補償保険法
  • ▪雇用保険法
  • ▪労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  • ▪労務管理その他の労働に関する一般常識
  • ▪健康保険法
  • ▪国民年金法
  • ▪厚生年金保険法
  • ▪社会保険に関する一般常識
  • ▪労働経済、白書
  • ▪法改正

攻略のポイント

全体得点の70%を確保すること。また、この資格は合格最低点制度があるため、各科目まんべんなく学習することが大切です。

社労士の試験内容って!?

試験概要

◎受験資格

・大学で一般教養科目を修了した方、または短期大学・高等専門学校を卒業した方
・司法試験第1次試験または高等試験予備試験の合格者
・行政書士となる資格を有する方
・社会保険労務士または弁護士の補助業務、労働組合の役員や一般企業などで実務に一定年数従事した方

◎試験内容

出題形式:
選択式(80分)と択一式(210分)
試験科目:
労働基準法及び労働安全衛生法
労働者災害補償保険法
雇用保険法
労働保険の保険料の徴収などに関する法律
健康保険法
厚生年金保険法
国民年金法
労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

◎試験日

年1回。8月第4日曜日

◎申込方法

4月中旬〜5月末まで
受験資格を証明する書類(証明書類と現在の氏名が異なる場合は、受験の申込み前3ヵ月以内に発行された改姓したことを証明する個人事項証明書(戸籍抄本・原本)を添付)

◎試験地

北海道、岩手県、宮城県、山形県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県

◎合格基準

科目ごとにバランス良く得点し、総得点の6割〜7割を獲得する必要があります。

@選択式:各問5点(各空欄1点)とし、1科目5点満点、合計40点満点

A択一式:各問1点とし、1科目10点満点、合計70点満点

◎合格発表

11月初旬
合格者には合格証書を郵送するほか、その受験番号を官報に公告します。また、厚生労働省並びに試験センター及び都道府県社会保険労務士会に合格者の受験番号の掲示等を行うともに、試験センターホームページに登載します。

◎合格率

 H21年H22年H23年H24年H25年
受験者数52,98355,44553,39251,96049,292
合格者数4,0194,7903,8553,6502,666
合格率7.6%8.6%7.2%7.0%5.4%
 H26年H27年H28年H29年H30年
受験者数44,54640,71239,97238,68538,427
合格者数4,1561,0511,7702,6132,413
合格率9.3%2.6%4.4%6.8%6.3%

◎問い合わせ

全国社会保険労務士会連合会 試験センター
〒103−8347 東京都中央区日本橋本石町3−2−12 社会保険労務士会館 5階
TEL:03(6225)4880(代) FAX:03(6225)4883
全国社会保険労務士会連合会:http://www.shakaihokenroumushi.jp/
社会保険労務士試験センター:http://www.sharosi-siken.or.jp/

まずはお気軽にご相談ください。

無料資料請求のお申込み 無料説明会・体験入学のお申込み