資格試験・資格取得とスキルアップに強い資格の学校

大栄 資格スクール 大栄

menu

PRODUCED BYLink Academy Inc.

2019年11月の試験まで
合格に必要な標準学習時間 800時間
2020年度 民法大改正前のラストチャンス!
始めるなら今!まずは資料請求から

2020年度 民法大改正とは

2017年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が、2020年4月1日に施行されます。一般的に「2020年度 民法大改正」と言われ、内容は契約等に関する最も基本的なルール「債権法」が約120年ぶりに改正となります。法律関係の資格試験に大きな影響を与える事は間違いありません。過去の傾向を踏まえて勉強するには、今年のチャレンジがラストチャンスです!!

行政書士試験への影響

大栄の講座では、最新情報を把握し、合格までエスコートします。行政書士試験の法令科目は、例年、4月1日現在施行されている法令に関して出題されているため、試験への影響は以下のように考えられます。


2019年度の試験2020年度の試験
債権法の改正出題なし影響あり
相続法の改正出題なし
(968条2項等は出題あり)
影響あり

2020年度 民法大改正前の
今年に取得した方がいい4つの理由

  • これまでの出題傾向や過去問集が有効に活用できます。
  • 改正後はこれまでの過去問実績が役に立たなくなり、新たな積み重ねが必要となります。
  • 問題の出題パターンを把握でき、効率よく勉強ができます。
  • 改正後はこれまでの過去問実績がないため、問題の出題傾向の把握が容易ではありません。
  • 受験(学習)経験者は、今までの学習したことが無駄になりません。
  • 改定後は、民法大改正で執行される改定内容を新たに勉強する必要があります。
  • 受験経験者は、得意分野を伸ばし、苦手分野を強化することで合格できる確率が上がります。
  • 改定後は、苦手分野の強化と改定内容の新たな学習の両方が必要になります。

合格体験記

詳しい資料をお届けしています

「シカクのDAIEIくん」クリアファイルに入った詳細資料をお届けします♪
無料資料請求

お気軽にご参加いただけます

説明会無料体験
ページの先頭へ